スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
重たい買い物

突然ですが、

アンプを買いましたー。

 

わーい。

 

 

ってかまだ持ってなかったの?

って声がたくさん聞こえてくるきがします。

ええ、持ってませんでした。

だって車とかないしー。重いしー。お金かかるしー。いまいちピンとくるアンプもなかったしー。

 

でも普段の音作りでいつもどっかしらストレスというか。

なんでもっとこんな感じにならんのじゃい。っていうのをずっとかかえていて。

もういい加減それがめんどくさいくなったので買いました(笑)

 

あと、ちょうどいいヤツも見つかったし(笑)

 

 

かったのはこの子。


orange」ってメーカーの「dual terror」ってやつです。

 

最近世の中にはやっているミニアンプのはしりになった「tiny terrr」ってやつのちょっと大きい版です。

tiny terrr」をつかっている人結構いまして、この前イベントでご一緒した方にも感想を聞いたら、おっきい版のやつのがいいかもね?って話をされて。

 

 

そんで大きい版のやつをネットで音を聞いてみて。

あらいいですね。となり。

 

楽器屋さんに試しにいって、あらいいですね。となり。

 

ちょっと悩んで、また楽器屋さんにいってほかのも試したあと、やっぱり「dual terror」があらいいですね。となったので。買ってしまいました。

 

しかし、見た目がちっちゃいのに重さは結構あって持ってかえるの大変。

見た目ちっちゃいから手持ちで帰れるべ!とか思ってたら大間違いw

持ち上げて帰る間に、手もげるわ!っていう独り言を何回言ったでしょうか?

 

最近うちのバンドには腰痛持ちがいるから今後も運搬には気をつけなくては(笑)

 

配送頼もうかな?とも思ったのですが、真空管アンプってほんと衝撃に弱いのでちょっとぶつけたり落としたりってだけで壊れてしまうのですね。

 

正直他人の手にゆだねて運んでもらうのは怖いのであくまで手持ちで帰りました。

九月も半ば、季節は秋のはずなのに。この日は本当に暑くて楽器屋さんから最寄りの駅につくまでで汗だーく。

 

なので地元の駅から自宅までは歩くのやめて、タクシーで帰ったとさw

 

家に持ち帰るまでだけでこんなに苦労したので、スタジオにもっていくのを想像するのがこわいような。。。

でもスタジオで試してみるのがたのしみです。

カテゴリ:- | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
予期せず勉強

今日は朝から所用をすませた後、曲を書いてそのあとに楽器をメンテナンスするたに楽器屋さんへ。

 

いつも一緒に戦っています相棒のギター君。最近ところどこで怪しくなってきているので、ちょっとリハーサルの間隔があいちゃう期間にいってみようと思いまして。

 

 

楽器屋さんに見てもらったところ、ところどころだめになってるので入院が必要との診断。

 

 

おお。やはり。かなり大変だったのね。相棒くん。

じゃあしっかり元気にしてもらいなよ。ということで入院させてしばしの別れ。

 

そしてその後は、うちの未奈ちゃんとバンドスタッフをやってくれてたりするともちゃんが主催するイベントをみるために下北沢へ。

 

 

ライブバーなんでー。

 

って聞いてたから、だいたい想像してたんですが。

行ってみたら、ほんと演奏スペースとお客さんがいるところがすぐそこみたいな。

友達のおしゃれマンションでパーティやりました的なスペースのお店。

お店自体はすてきなのですが。

あら。こういう現場なのね。と。

ちょっと嫌な予感(笑)

そういうお店なので入ったら当然、「あ、グレイブマンのボーカル来てるのね」となるわけですね。

 

一緒にイベントに出ていた、辻ムーンさんもすばらしく、もちろん未奈ちゃんとともちゃんもすてきな雰囲気で演奏してましたよ。

 

うむうむ。とステージが終わったところでともちゃんが。

僕をみて歌いたくなったんじゃねーの?との無茶ぶり(笑)

 

あ、やはり。

悪い予感的中(笑)

 

そりゃそうですよね。

この距離に座ってたらひっぱりだされるよね?って感じで。

 

僭越ながら一曲歌わせていただきました。

 

全然準備していなかたので緊張しまくり。

歌詞をまちがえないかびくびくでしたね。

いけませんね?芸人ですから、いつそんなフリがきてもパシっと決められないとですよね。

 

少し反省。

なんか見に行っただけなのに、期せずして勉強して帰りました。

なんか盛りだくさんの日だったなぁー。

カテゴリ:- | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
気になるのよねん

最近気になるもの。

ジェームズアンソール。ベルギーの画家らしいのですが。

いま展覧会やっているそうで。

 

有名な画家なのでしょうか。僕は全然知りませんでした。

なんで知ったかというと中吊り広告でみたのです(笑)

 

ベタな出会いで申し訳ない。

 

小さな広告でしたが、なにか示唆に富んだというか。

単純にかっこいいなと思ったわけです。

なので近く見に行ってみようと画策中。

 

なんというのでしょう、夢の中の風景というか。

夢の中のサーカスに出てきそうというか。

 

そんな雰囲気をかもした作品な気がして。

中吊りの広告をみてもそうだし、ネットで調べてみてもすごい見ていると不思議な気分になりまして。

興味しんしん。

こんな感じ。少し不思議で、ちょっと不気味で。でも愛らしくてなんか興味をそそる。

そんな作品だと思うのです。

やっぱりちょいちょい絵画は見に行きたいな、と。

そんなふうには思っておりますね。

単純におもしろいし、絵をみながら考えるのが好きです。

みなさんにも是非おすすめしたい。美術館。

 

こういう話をすると敷居が高くて行き辛いと仰せの意見が。

うむ。確かに。僕もそうでした。

 

僕自身絵がくわしいかというと全然です。まったく詳しくない。

でも予備知識ゼロで美術館行くのが好きです(笑)

 

もっと詳しいなら詳しいなりの楽しみ方とかがあるのでしょうが。

一般常識程度の美術知識しかなく、詳しいことはまったくよくわかりません。

でもそれでいいんだと思ってるというか、そう決めてます。

 

美術の価値とか一般的な評価なんて、所詮他人の評価。どんなに偉い人が、どんなにたくさんの人が評価してようが、それは他人の評価。

参考にはするし、なるほどとは思いますが、それがすべてかというとそうじゃないと思うのです。

知らんがな。ってところです。

世界的にすばらしく評価されてようが、自分にとってピンとこなけりゃただの絵だし。

全然有名じゃなくても、自分のなかですごいいいなって思えたらそれが正解でしょうに。と決めてかかっておりますので。

 

 

洋服を買うとき、スニーカーを買うとき。目に入って、あなんかいいなって思う。って感覚。

ああいう気軽な感覚で絵の前にたちたいし、こんな風に思えば敷居が下がって気軽になれるし。

 

そんなカジュアル感でいくようにしてます。それを受け入れてくれるような懐の深い作品、いっぱいあるから。

 

興味が湧いたという方いましたら、ちょっとうれしいです(笑)

カテゴリ:- | 19:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
制作に疲れたので無駄に長い

さて、グレイブマンアルバイト。レコ発も終わりまして。

何をしているかといえば、また日常に戻っているわけです。

僕の日常といえば、そう。制作ですね。

グレイブマンアルバイトの工場長の僕としてはまず楽曲の設計図を作らなければなので、いませっせと作業中です。

 

今回すごく前からつくってみたかったというか、取り組んでみたかったモチーフがありまして。

それに向けて格闘中。

 

曲を書くツールとして最近使っているのが、iphoneアプリのガレージバンドってやつです。

いわゆるガレバンってやつですね。ガレバン。

 

もともとmacにデフォルトで入ってる音楽編集ソフトとして有名な子でしたが、去年iphone用のやつがでて以来たまに使ってます。

 

メロディとコードの当てはめにはちょうどよし。

ただiphoneだから画面ちっちゃいから限界があるのでござります。

 

うお!ちょっとそこいじりたいんじゃないがなー。ってことがたまに。

 

そうこうしてるともっと大きい画面で編集したくなってきてipad欲しくなってきちゃうから怖い怖い。

いらん出費が増えるがな。

 

iOS用のガレバン、もうちょっと機能が充実すればうれしいなと思うことがちょいちょい。

編集を一個戻る機能と、ダイアトニックコード以外を記憶させてすぐ当てはめられるようにする機能とか。

なんとかなりませんかねー。むーん。

なんでかねー。

ってかiOS用のがでればいいのに。

もっと高度な音楽編集ができるやつ。そんでもってiphoneとかipadのデータ行き来ができるようなやつ。

 

ipadの処理能力とかあがっていけば、レコーディングの出張にmacbookとかi

macとかいらなくなってくるかもね。インターフェイスとipadだけあればいけまっせみたいな。

 

 

iphoneでガレバンいじっててすごい思うのは、ほんと直感的に音楽つくれちゃうからすげーよなーって事ですね。

スマートドラムって機能は単純に面白いしすぐリズムフレーズできちゃうし。

ほんのちょっとだけコードの知識とかあれば、すぐ曲になる気がします。

 

ってかhiphopのアーティストさんなら、iphoneで一瞬で曲できるよね。

楽勝じゃねーのか。ってかもうやってんのかな?みんな。

 

 

将来的には、楽器も弾けないしたいした音楽知識も経験もないけどiphoneでだけ曲書いてそれをyoutubeにアップして世界的に大ヒットしてスターダム。みたいなアーティストがでるかもしれませんね。

 

ってか俺が知らないだけでもういるかも(笑)

 

音楽の表現も時代とともに変わるのが必然。

ようは音楽っていうのは方法がどうとか、知識が技術がとかそんな瑣末なことを飛び越えてしまってどこまでも自由だってことですね。

 

うむうむ。なぞの帰結(笑)

長くなったのでここでしめるでおま。

カテゴリ:- | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夏のもとをとったのだ! 那由多LOOP.vol.4
  那由多LOOP.vol.4。来て頂いたみなさま本当にありがとうございました!

イベントは四回目の開催。今回もたのしかったがな。
MCでもしゃべりましたが、今年の夏はほんまになつらしいことをしていなくて。


ずっと今日のイベントの準備、今日発売の音源の準備をしていました(笑)


毎年そうっちゃーそうだけど、夏には毎年イベントやってますからね。
しょうがねーことですが、やっぱりうっぷんというか、むきーみたいな感情は溜まるもんなんですが(笑)

今回も那由多LOOPでみんなの笑顔にあえて、そしてすばらしく尊敬できるアーティストにあえて。
完全に報われたな!俺の夏!って思えました。
みんなの笑顔見るためにがんばってたし、これでこけたら目もあてられんかったですが(笑)

ほんとみんなの笑顔にあえてよかったなーって思ってます。

一緒にイベントを作ってくださった、
三日月ゴシップさん、low side harfさん、アマオトさん、コンビニマンションテクニカラーさん、H.EATさん。


ほんとうに尊敬できるアーティストとイベントをやって、見に来たお客さんが最初のバンドから最後のバンドまで、「音楽」で楽しめる。
それが毎回の僕らの願いというか。それこそが僕らがみんなに提示できる価値というか。
そう思ってます。

今回もそんな僕らの願いをくんで、それを超えるものを音楽で返してくださるアーティストばかりだったなぁと。本当にうれしくありがたく思ってます。


次のライブは名古屋で、ちょっと制作期間がはいるのでしばらくライブがないのですが。
また成長してみなさんの前にこんにちはしたいです。

ではまたね。










カテゴリ:- | 22:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
<< | 2/283PAGES | >>